ExcitemusicExciteホームExcite Musicトップサイトマップ

 
オフィシャルサイト
アーティストデータ



2011年12月21日(水)発売

品番:NFCD-27327/B(初回生産限定盤)
価格:AL+DVD ¥3,500(税込)

品番:NFCD-27328(通常盤)
価格:AL ¥2,800(税込)

[CD収録曲]
1.ENTER!
2.LOVE IS LIVE
3.SILLY SCANDALS
4.GREEN
5.2020
6.CAN'T TAKE MY EYES OFF OF YOU
7.仲直り
8.WAITING FOR YOU
9.プロポーズ
10.LIP CREAM
11.GOTHIC RING
12.MILK&SUGAR
13.RASPBERRY

[DVD収録内容]
"mod surfer" at AKASAKA BLITZ July 29, 2011
1.JEWEL
2.PRETTY WINGS
3.WALK IN THE PARK
4.あのね Baby
5.トランスフォーマー

<   2010年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧
どんな嘘でも活字化されると、それが真実に思えてくる。これは是非みんなに覚えておいてもらいたい事だ。


例えば今回、俺が結婚した事になってるけどさ。まぁ・・してないんだな残念ながら!(笑)どこで書かれてたにせよ、どうして鵜呑みにする人が多いかなぁ??そりゃいつかは結婚しますよ俺だって(笑)もういい歳だしさ。でも今はしてないのが事実なんだ。


その時はちゃんとそう言うよ。それが俺のスタイルだ。そんなの隠すのは誰に対してもフェアじゃないし、隠し通せるものでもない。もしそれによって俺達の事を好きじゃなくなっちゃう人がいてもそれは仕方のない事だよ。もちろん俺は音楽で勝負してるつもりだし、そんな事で嫌いになって欲しくはないけどさ。でも気持ちは十分分かるよ。だって個人的なこと言えば、安室ちゃんのコンサート行きたいなぁって思ってたわけ。(まだ行った事がない)でもこの間の例の、当人も認めた交際発覚で「やっぱ行かねぇ!」って思ったもん(笑)所詮俺はそういう類いのファンだってことだよ!!でもこんなファン、安室ちゃんは必要じゃないだろ(笑)


どうあれ、俺達を好きでいてくれてるファンの人の事を俺は心から大好きだよ。これが本心だ。


さて、誹謗中傷コメントに関してちょっと。俺はそういうのを書いちゃう人の気持ちが分かるから、あまり気にしてないっていうのが本音です。これは言いたかった事なんだけど、たまにあるそういうコメントに対して、俺を気の毒に思ってくれたり心配してくれる人がいる。イベントでもらったたくさんのファンレターにもそういう、気遣ってくれる内容のものが結構あった。本当に感謝してるし、ありがたいよ。でもね、よく考えてみて欲しいんだけど、そういうのにヘコんでたら、この仕事やってけないぜ、マジで!!この13年間、悪口なんて言われまくってきたし、ある事ない事書かれてきた。お陰で、いいのか悪いのか強靭な精神力が身に付いてしまった。今や何言われてもまず平気だね。それを受け入れたり、または受け流したりする術に関しては、もはや匠の域だと思うよ(笑)だからそういう事に対する心配はホントにご無用なわけです。この事をいつだって思い出して欲しいの。頼むわ!まぁ、「大嫌い」なんてどの道、普段から言われてきたし!ハハハハ(笑)


でも声を大にして言いたいのは、俺達に限らず、誰に対する噂も「どこどこのサイトに書いてあったから」という理由で信じちゃいけないという事。なぜなら事実じゃない事がほとんどだからだ。「えっ!?」っていうような噂に関してはほぼ100パー嘘だね。別にそういう事を書く人を恨んじゃいないよ。気にしてくれてる以上、基本有り難いと思ってるくらい。でもそれを読んで、鵜呑みにしちゃって気分を害してるファンの人もいるわけで、そんな人に是非言いたい。事実は本人と話してみるまで分からないよ。絶対に。この事をよく覚えておいて欲しいんだ。火のない所に煙は立たないと言うけど、立つことなんてしょっちゅうあるからね!


俺はなんて言うか、知名度の割には妙に攻撃されてきた人間だ(笑)それは俺の生まれた環境、両親などバックグラウンドによるものも大きいと思うし、楽観的な性格によるものもあるだろう。作ってきた曲の世界観によるものだってあるだろう。ロックバンドの一員にも関わらず、それらは決して「ロック的」ではなかったからね。だからいろいろ書かれてきたし、「俺像」は膨らまされてきた。でもそれは決して本当の俺じゃないんだ。全然違うよ。だいたい人は大げさに言うんだよ。2倍にも3倍にも割り増して相手に伝えるんだ。それがまた人に伝わる時は10倍くらいに膨れ上がってる。


今日もある人に言われたんだけど、大晦日フミヤさんのイベントの打ち上げでベンジーさんと飲んでた時、唱君だけはベンジーさんにタメ口だったんでしょ!?っていうもの。誰が言ってたの??って聞いたらゴーイングの素生君が言ってたと(笑)もちろん俺に対する尊敬を込めてらしいけどね!うん、確かに素生君はあの場にいたけど、誰が何と言おうと俺はベンジーさんに敬語だったよ(笑)ベンジーさんに限らず、俺は先輩には敬語だよ。いやいや素生君のことは好きだし、全然責めてないよ!つまりこれってイメージでさぁ。俺ってそういうイメージなんだろうね。もしかしたら会話の中で俺が「うんうん」とか相づちを打ったのかもね。でも「うんうん、そうですよね」とか、敬語とミックスで「うんうん」って使う事ってあるじゃん?その「うんうん」だけを聞いたら「あっ、タメ口で喋ってる!」って思うだろうし。つまりどんな近くでその現場に居合わせた人ですら、事実とは違う受け取り方をしちゃうくらいなんだよ。俺の言ってること理解してくれるかなぁ。


マイケル・ジャクソンなんてこんな俺の数百万倍もでかい規模で、嘘のイメージで語られてきたんだと思うと、やり切れないよ・・どんな苦痛だっただろう・・有名な"ビリー・ジーン"の歌詞の一節に、〜Be careful of what you do 'cause the lie becomes the truth. っていうのがあるけど、「気をつけないといつの間にか嘘が真実になる」と。正にそうだなと思うよ。


ノーナ・リーヴスの郷太君も言ってたけど、本当にロックな生き方、つまりカッコいい生き方って、ただ流れてきた情報とか噂をそのまま受け入れたり、踊らされるんじゃなくて、例え自分に風当たりが強くても冷静に、本当かな?って考えられたり、言えることだと思う。そしてクールにちゃんと分析できることだと思う。そうすると簡単に誰かをこき下ろしたり、悪口を言うなんてとても出来るものじゃないって気付く。ロックである事は人を攻撃する事じゃ決してないよ。


ちょっと話が反れたけど、とにかくどっかに書いてあった、もしくは誰かが言ってた言葉が真実とは限らないってこと。取材ですら言い回しを変えられて、実際とは違うニュアンスになって、世の中に「本人の言葉」として出ることなんてザラだ。だからライブやCDやこのブログでは出来るだけ本当の俺でいたいなぁと思う。そこで感じてくれた俺、もしくは街なかで会えたとして、その時に感じてくれた俺が本当の俺だと思う。長々と書いてしまったけど、伝えたかった事だからさ。読んでくれてどうもありがとう♪


和田 唱
by triceratops2005 | 2010-03-21 13:59 | 和田唱 | Comments(294)
c0015010_18303496.jpg

個人的にホワイトデーな文化はあんまりないけれど・・・


みんな愛してるぜーーー!!!!!


和田 唱
by triceratops2005 | 2010-03-14 18:36 | 和田唱 | Comments(181)
c0015010_1825234.jpg
9mm Parabellum Bulletの全国を2マン形式で廻るツアー、"命ノゼンマイ 大巡業"の名古屋、大阪、そして広島公演に参加。さっき家に帰って来ました〜!!

9mmのみんな、誘ってくれてありがとう。一回のライブを全力で一緒に作り上げる行為は最高だったよ。相乗効果が味わえたし、個人的には3回ともホントにいいライブが出来たと思ってる。ここで掴んだエネルギーを次のツアーやイベントに生かすつもり。早く次のライブがやりたいもん。そんな気分を味あわせてくれて、ありがとね!!もちろんライブを観てくれた人、声援送ってくれた人!サンキュー!!嬉しかったです。

9mmが持つライブでの凄まじいエネルギーや楽曲のカッコ良さは言うまでもないけど、俺は彼らの人間性がすごい好きだ。卓郎君はじめ、みんな気さくで優しくて、すごく頭がいい。回転も早いし飲み込みがいいから、ふざけた話も真面目な話もパッと気の利いたリアクションで返してくれる(笑)見習わなきゃ!何より前向きだしね。これからもガンガン突き進んで、どんどん人気者になって欲しいです。お互い楽しみながら、全力で音楽やっていこう!!

さて、汗まみれでビニール袋にしまわれて腐りかかった衣類が、洗濯機からいい匂いで生まれ変わって出てきました(笑)今日からまた気持ちをアルバムに向けよう。次の曲にはどんな詩を乗せようか・・・


今回3本のセットリスト
1 Silly Scandals
2 Raspberry
3 CanとCan'tのパスポート (新曲) with 菅原卓郎
4 シラフの月
5 I Go Wild
6 僕らの一歩
7 Milk&Sugar
8 Future Folder
9 ロケットに乗って


和田 唱
by triceratops2005 | 2010-03-08 18:52 | 和田唱 | Comments(115)
c0015010_316377.jpg
先日ようやく「アバター」を観に行った。3-Dで。いわゆる話題の超大作っていうのと、俺の嫌いなCGバリバリ映像だろうっていうので、かなり敬遠してた。でもね・・・良かった!!面白かった!!もちろんCGバリバリではあるんだけど、ここまでやってくれればもうアッパレな感じだ。何よりストーリーが良かったよ。さすがジェームス・キャメロンさん。外さないね。リスペクトだよ(笑)でもホント大事なメッセージを伝えてるから、まだの人は是非!早くしないと終わっちゃうから。もちろん3-Dでね!3時間3-Dメガネかけっぱなしは、まぁまぁ疲れるんだけど、やっぱり「立体映像」はいいよ!あれはロマンだね(笑)子供の頃から大好きだ。そんな「3-D映画」が1950年代、80年代に続いて、第三次ブームが来そうな気配!楽しみだなぁ・・


話変わって新曲をまた一曲ミックスしました。これは"後ろの君へ"というラブソング。恋人と別れ話をした後、一人歩く帰り道。追いかけて来てくれ・・付いてきててくれ・・って、恐いから後ろは振り返れないけど、そう願いながら歩く主人公。でもやれるだけの事はやった。前に進まなきゃいけない・・つまり揺れる男の心情だよ!こんな時、だいたい後ろに彼女はいないんだけどね!(笑)でもこれはすごくいい曲になった。今までにない雰囲気だし、ホント切ないんだ。自慢の一曲だよ。


こんなことしてたら、全曲タイトル言っちゃいそうだから、取り敢えずこの辺で止めとくわ(笑)ちなみにミックスを終えると、こんな感じでCDRに焼いてもらう。
c0015010_3164097.jpg
2曲目はボーカルが少し大きめのミックスになってる。マスタリング(最終作業)までにどっちがいいかを聞き比べて、選んだ方を海外にデータで送ってマスタリングする。


またまた話変わって、12年振りに「SATURDAY NIGHT R&R SHOW」に出演!!昔は日清パワーステーション(知ってる!?)でやってた伝説のイベントだ。来てくれて応援してくれたみんな、どうもありがとう!!俺らもトップバッターで頑張らせてもらったけど、出演バンド全員が素晴らしかったなぁ・・ヤバいなぁ・・刺激受けちゃいました。先輩達は流石、流石、流石!!俺ももっともっと行かなきゃなぁ・・と思うわけ。個人的な大収穫はOKAMOTO'S!!カッチョEーよ彼らは!!全員19歳になるか、ならないか。ついにこういう世代が現れた!!って感じ。すごい嬉しい!と共に、ガッツリ刺激されたわ。未来がまた見えちゃうよ、これは!


明日から9mmとのツアー!行ってきます。楽しみだ!支度しなきゃ。


和田 唱
by triceratops2005 | 2010-03-03 03:20 | 和田唱 | Comments(75)


 
Excite Music 連載ブログ
◇ASIAN KUNG-FU GENERATION
◇Any
◇Aqua Timez
◇BECCA
◇bonobos
◇風味堂
◇GOING UNDER GROUND
◇ホフディラン
◇HOME MADE 家族
◇ジン
◇中田裕二
◇ねごと
◇BEADY EYE/OASIS
◇OCEANLANE
◇オレスカバンド
◇PE’Z
◇POLYSICS
◇RYUKYUDISKO
◇サンボマスター
◇サンコンjr.
◇SBK(スケボーキング)
◇スクービードゥー
◇SEAMO
◇sleepy.ab
◇SOIL&“PIMP”SESSIONS
◇SPARKS GO GO
◇高橋優
◇the pillows
◇TRICERATOPS(和田唱)
◇TRICERATOPS(吉田佳史)
◇植田真梨恵
◇ウルフルケイスケ
◇半崎美子
◇ユニコーン
◇矢沢洋子
◇Yum!Yum!ORANGE
◇編集部

◆連載ブログの
バックナンバーはコチラ


[おことわり]
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。 また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。

Copyright ©1997-2013 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム