ExcitemusicExciteホームExcite Musicトップサイトマップ

 
オフィシャルサイト
アーティストデータ



2011年12月21日(水)発売

品番:NFCD-27327/B(初回生産限定盤)
価格:AL+DVD ¥3,500(税込)

品番:NFCD-27328(通常盤)
価格:AL ¥2,800(税込)

[CD収録曲]
1.ENTER!
2.LOVE IS LIVE
3.SILLY SCANDALS
4.GREEN
5.2020
6.CAN'T TAKE MY EYES OFF OF YOU
7.仲直り
8.WAITING FOR YOU
9.プロポーズ
10.LIP CREAM
11.GOTHIC RING
12.MILK&SUGAR
13.RASPBERRY

[DVD収録内容]
"mod surfer" at AKASAKA BLITZ July 29, 2011
1.JEWEL
2.PRETTY WINGS
3.WALK IN THE PARK
4.あのね Baby
5.トランスフォーマー

<   2010年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧
今年の1月にこんな写真をブログに載せて、ある人と新曲でデュエットした事を告げた。
c0015010_17551223.jpg
いよいよ正式に明かせる時が来た。俺の背後にチラ映りしてた彼は、そう!この左の男だ!!
                ↓
                ↓
                ↓
                ↓
                ↓ 
                ↓
                ↓
c0015010_17553640.jpg
ジャジャン!!フロム9mm Parabellum Bullet! 菅原卓郎ーーー!!!(写真は広島にて。二人とも酔ってて一旦赤くなったのち、血の気が引いた頃。)

デュエットした曲のタイトルは"CanとCan'tのパスポート"。ハードエッジなロックンロールだ。既に9mmとの対バンや先月までの俺達のツアーでひと足先にプレイしてた。ツアーでは俺一人で歌ってたけど、アルバムでは卓郎君とのデュエット。そもそもそれを想定して作ってた。

すごいんだよ、いきさつが!そんなすぐに「この人とやりたい」「あの人と歌いたい」なんて言っても、この業界、お互い事務所やレコード会社も違うわけだし、何より相手の意思がある。やりたくないと思われたらそれまでだし、本人が良くても会社的にNGってパターンだってザラにある。コラボレーションはいろんな面で体力のいる作業だから、業界内でもそうポンポンは行われない。

でも俺はこの"CanとCan'tのパスポート"を作った時、なぜだか卓郎君が浮かんでた。もちろん面識もあったし連絡先も知ってたけど、こう見えて俺もそこまで図々しくはないから(笑)いきなり連絡!はしなかった。まずオケを録ってギターダビングして・・・なんてしてるうちに俺だけでボーカルも録ってしまった。

このボーカル録りの日、本当はデュエットがいいのに・・と思いながら、でも本気で歌った。ただ「もしかしたら」のために、まるでデュエットするように、一人でパート分けして歌った。よく聴かなきゃ分かんないけど、俺と俺のデュエットになってた。場合によってはそのまま世に出る可能性もあったけど、俺はどっかで信じてたんだ。

その次の日、デザイナーのDop君のイベントが下北であった。後輩のバンド「ビリジアン」も出るし、遊びに行った。ビリジアンの演奏が終わって、彼女達はそのまま地方に車移動しなきゃならなかったから、うちのスタッフ共々みんな出てしまった。でも俺は酒も入っていい感じだったし、楽屋もほとんど知らない人ばっかりだったけど、楽しいから残ってた。

そんな事してたら、向こうのエレベーターがカチャーンと開いて、なんと卓郎君が出て来たではないか!(Dop君と9mmのメンバーは仲良しだからね)仕事が終わってイベントに顔を出しに来たみたい。俺はビックリしつつも「話したい事があるんだけど、後でちょっといい?」と彼に告げたよ。

そしてそして・・・俺の考えてた事を伝えた。もちろん、曲を今度送るからそれを聴いて判断して欲しい、という前提でね。卓郎君は「分かりました」と言いつつも、今度やる対バンツアーにもし誘ったら出てくれますか??と聞いてくれて、そこでその曲一緒にやれたらアツくないですか!?と言ってくれた。この素敵な男をどう思う!?

この後の流れはきっと皆さんご存知でしょう。ここで交わされた全ての会話が現実のものになった。これを「最高」と言わず何と言おう。一曲とは言え、バンド以外のレコーディングに踏み切ってくれた卓郎君、そして9mmのみんな、スタッフサイドの皆さん。なんて勇気のある人達だろう。俺は本当に本当に感謝しています。届いてますかーー!?(笑)

卓郎君は本当に素敵な奴だ。カリスマがあるのはもちろん、紳士だし、なんとも頭の回転が速い。ステージでは割とクールキャラだけどさ!ホントやさしいし、ウケるんだよ基本的に(笑)彼とやれてホント良かった。曲はと言えば、詞もメロディーも出来上がってたので、つまり卓郎君を「歌手」として迎えた形だ!そんなレコーディング、初めてだったと思う。自分で作った歌じゃないのに歌ってくれて、シャウトもしてくれてありがと!(笑)嬉しいよ。なにせ君の声が必要だったんだから!まさに描いてた感じ、いや、それ以上になったよ!

しかし卓郎君、フミヤさん、そしてMayちゃんと一枚のアルバムの中で共演できた俺達はなんてラッキーだろう。本来なら難しい事なのに!でも言えるのは、全ての動機は純粋なものだったって事。曲が出来た時の閃きに従っただけ。そして「俺達は一つ」。人種もジャンルもない。みんなそれぞれの役割があって、それぞれのスタイルがあるだけで、本当はみんな仲良くなれるんだって証明したかった。音楽でね。何より楽しいだろうな〜って思ったしさ!実際すごい楽しかった。ジャンルの垣根を少しでも取っ払う事、それにトライセラトップスがちょっとでも力になれたら・・もう万々歳でしょ!


和田 唱
by triceratops2005 | 2010-07-10 00:14 | 和田唱 | Comments(94)


 
Excite Music 連載ブログ
◇ASIAN KUNG-FU GENERATION
◇Any
◇Aqua Timez
◇BECCA
◇bonobos
◇風味堂
◇GOING UNDER GROUND
◇ホフディラン
◇HOME MADE 家族
◇ジン
◇中田裕二
◇ねごと
◇BEADY EYE/OASIS
◇OCEANLANE
◇オレスカバンド
◇PE’Z
◇POLYSICS
◇RYUKYUDISKO
◇サンボマスター
◇サンコンjr.
◇SBK(スケボーキング)
◇スクービードゥー
◇SEAMO
◇sleepy.ab
◇SOIL&“PIMP”SESSIONS
◇SPARKS GO GO
◇高橋優
◇the pillows
◇TRICERATOPS(和田唱)
◇TRICERATOPS(吉田佳史)
◇植田真梨恵
◇ウルフルケイスケ
◇半崎美子
◇ユニコーン
◇矢沢洋子
◇Yum!Yum!ORANGE
◇編集部

◆連載ブログの
バックナンバーはコチラ


[おことわり]
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。 また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。

Copyright ©1997-2013 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム